彼女たちの20代
彼女たちの20代
彼女たちの20代
彼女たちの20代

彼女たちの20代

通常価格¥1,980
/

内容紹介

オードリー・ヘップバーン、ココ・シャネル、草間彌生、マリー・クワント、オノ・ヨーコ...
時代のアイコンとなった彼女たちは、二十代をどのように過ごしたのか。
何を考え、何に悩み、何に苦しみ、どのようなことに幸せを感じ、どのような出会いが
あり、そして、どのように生きたいと願っていたのか。

世界的に有名であること、私自身が興味を惹かれ、伝えたい二十代のエピソードがあること。
その視線から十三人を選びました。
若くして世界的な名声を手にした人もいます。明確な目標にむかって無我夢中だった人もいます。軽やかに好きなことを仕事にした人もいます。人生に絶望し自ら命を終わらせようとした人もいます。恋愛に悩みに悩んでいた人もいます。

その色彩はさまざまですが、執筆を進めるなかで、通底するものが見えてきました。
「はじめての経験」にどのように対処するのか、立ち向かうのか、傷つくのか、その後どうするのか。
それがどんなにささやかなエピソードであっても、そこに、すでにその人のスタイルが
ある、ということです。
そして、それはいまを生きる人々の多くに通底することではないか、と思うのです。
あなたは彼女たちの二十代に何を想うのでしょうか。
(序章より)

すべての世代に贈る、自分のスタイルを考えるきっかけになる一冊。

 

■「自分自身を表現するの。そうしたら自分を尊敬できるわ」-マドンナ
■「二十代のころから退屈だけは拒絶し続けてきたわ」-カトリーヌ・ドヌーヴ
■「若さのすばらしい点は、自分にはできると信じて疑わないところ」-マリー・クワント
■「惨めなの。自尊心がもてるような活動がしたいのよ」-ダイアナ
■「自分らしくなれなかったら何になってもしかたがないでしょう?」マリリン・モンロー
■「描くことしか自分を救う道はない。芸術に人生を捧げたい。」-草間彌生
■「私はこうなりたいと思い、その道を選び、そしてその想いをとげた。」-ココ・シャネル
■「それはまさに可能性を探す旅だった」-ヴィヴィアン・ウエストウッド
■「私はその朝、自分が何よりも愛するもの、今後一生愛し続けるであろうものを発見したの。」-フランソワーズ・サガン
■「欲求不満のかたまりでした。将来は敷かれたレールを進むだけ。」-ジャクリーン・ケネディ

 

 

※通常ですと2~7営業日での発送になります。