【プレミアム3冊セット】『シャネル哲学』『それでもあなたは美しい』『あなたの繊細さが愛おしい』
【プレミアム3冊セット】『シャネル哲学』『それでもあなたは美しい』『あなたの繊細さが愛おしい』
【プレミアム3冊セット】『シャネル哲学』『それでもあなたは美しい』『あなたの繊細さが愛おしい』
【プレミアム3冊セット】『シャネル哲学』『それでもあなたは美しい』『あなたの繊細さが愛おしい』
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【プレミアム3冊セット】『シャネル哲学』『それでもあなたは美しい』『あなたの繊細さが愛おしい』
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【プレミアム3冊セット】『シャネル哲学』『それでもあなたは美しい』『あなたの繊細さが愛おしい』
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【プレミアム3冊セット】『シャネル哲学』『それでもあなたは美しい』『あなたの繊細さが愛おしい』
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【プレミアム3冊セット】『シャネル哲学』『それでもあなたは美しい』『あなたの繊細さが愛おしい』

【プレミアム3冊セット】『シャネル哲学』『それでもあなたは美しい』『あなたの繊細さが愛おしい』

販売元
ブルーモーメント
通常価格
¥5,300
販売価格
¥5,300
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

 

ブルーモーメントの世界観を堪能できるプレミアムセットです。包装にもこだわっているのでプレゼント用としてもお使いいただけます。

※お届け日指定はご注文のメモらんにお願いいたします。

_________________________________________

「それでもあなたは美しい」 
「オードリーの人生は、はっきりと、美しい。 本人がどんなに、そんなことない、と謙遜しようとも、美しい。 とくに人生の終盤は、胸うたれないではいられない。」(序章より)


「永遠の妖精」として世界中から愛され、現在も愛され続けている女優。 数々の映画で栄光を手にし、結婚もし子どもも産み、晩年はユニセフの活動に専念した 彼女は多くの女性たちの最高のロールモデルとなっています。

けれど、どれだけの人が知っているでしょう。オードリー本人はコンプレックスをかか え、自分に自信がなく、愛に飢えていたことを。それなのに、なぜ、あんなに美しく凛と した人でありえたのか、その理由を。 本書にはその理由がオードリーの生き方そのものを通して語られています。 2012年に出版された「オードリー・ヘップバーンという生き方」の再生版。本文、装 丁、写真、すべてがさらに美しくなって蘇りました。

容姿にコンプレックスのある人、自分に自信がもてない人、愛に失望している人、それ でも人生を諦めたくない人......、そして真の美しさを知りたいすべての人に贈る、あたた かな色彩にいろどられた一冊。

 ------------------------------------------------------------------------------------

「あなたの繊細さが愛おしい」

「あんなに美しく魅力的なのに、劣等感でいっぱいで、とても繊細なマリリン。 私は、彼女が「生きにくい」と嘆きながらも、どんなに絶望しようとも、諦めることな く、真摯に生きた、その姿に惹かれる。 そして、そのまなざしでマリリンを見つめたとき、たまらなく愛おしいと思う。」(序 章より)


500年に一人、と言われる奇跡の女優。36年という短い人生。その最期はミステリ アスで悲劇的でしたが、彼女はまちがいなく「大成功した女優」であり「超魅力的なセッ クスシンボル」であり続けています。

けれど彼女は劣等感のかたまりで、とてもとても繊細な人でした。そんな彼女が、すば らしい人間になるために、どんなことを考え、どんなことをしてきたのか。そんなマリリ ンの生き方が本書には描かれていて、「とても繊細であることは才能(ギフト)のひと つ」なのだと思えます。

2012年に出版された「マリリン・モンローという生き方」の再生版。本文、装丁、写 真、すべてがさらに美しくなって蘇りました。

たくさんの劣等感をかかえている人、とても繊細な人、「生きにくい」と嘆いている人、 真の「女性」性(フェミ二ティ)を見たい人、マイノリティの人、ひとりの「人間」とし て尊重されたいと願う人......そして、どんなに過酷でもその人生を諦めたくないすべての 人に贈る、甘やかな涙を誘う一冊。

  ------------------------------------------------------------------------------------

「シャネル哲学」

 

「シャネル哲学を、つねに自分の中心に置く必要はない、と私は思う。
 ただ、心の、頭の、体の片隅の小さなジュエリーケースにそっとしまっておくと、思いがけないシーンで、それが鮮やかにあらわれることがある。それは、そのときどきで、勇気、叱咤、決断、激励、自己肯定といったさまざまな色彩をもつ。そして、いつだってなんらかのきっかけ、そう、一歩を踏み出す力を与えてくれる。」
(序章より)


 ガブリエル・シャネル。
 ココという愛称で知られるシャネル社の創業者であり、偉大なるファッション・デザイナー。
 孤児院から人生を始め、自力で「シャネル帝国」と呼ばれる一大ブランドを築きあげ、莫大な富と名声を手にしたシャネルは、驚嘆するほどのヴァイタイティで八十七歳まで生き抜きました。

 「私はモードではなくスタイルを作り出したのです」とシャネルは言いました。
 シャネルの人生を貫くキーワードとしては「ウエディングドレスを拒んだこと」、「怒り」「復讐」「自由」などいくつかあるけれど、もっとも重要なものとして「嫌悪」があります。

 シャネルのクリエイションの根本にあるものは嫌悪の精神。
 「嫌い」という心の叫びに忠実に生きることで、シャネルは世界的規模の「特別な人」に、時代を超越する「かけがえのない人」になったのです。 

 「ファッション革命」だけではなく「女の生き方革命」をも成しとげたシャネル。
 ゴージャスな恋愛、仕事への情熱、結婚への想いを「嫌悪の精神」に富んだ「シャネルの言葉」を織りこみながら、コンパクトかつ濃密に描き出した「ココ・シャネルという生き方」(2009年刊行)の再生版。
 出版以降に明らかになった「新事実」を加え、新たな装いで美しく蘇りました。
 
 人を嫌うのはいけないと思っている人、怒ることはマイナスだと思っている人、同性の友達が少ない人、経済的な自立を願う人、自分のために生きることが難しい人、そして、いったい自分はどんな人間でありたいか、そんなことを真剣に考えているすべての人に贈る、熱くてスパイシーな一冊。
 

 

※5300円のうち、300円はギフト包装代になります。配送料(710円は無料になります)

 

ご入金確認後、通常2〜3日で発送いたします。