【ギフト包装】シャネル哲学 ココ・シャネルという生き方 再生版
【ギフト包装】シャネル哲学 ココ・シャネルという生き方 再生版
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【ギフト包装】シャネル哲学 ココ・シャネルという生き方 再生版
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【ギフト包装】シャネル哲学 ココ・シャネルという生き方 再生版

【ギフト包装】シャネル哲学 ココ・シャネルという生き方 再生版

販売元
ブルーモーメント
通常価格
¥2,100
販売価格
¥2,100
通常価格
売り切れ
単価
あたり 

※この商品は予約商品になります。3月13日より順に発送する予定です。なお予約商品(「シャネル哲学」が含まれるもの)と同時にご注文いただいた商品は、同じタイミングでの発送となりますのでご注意ください。


大切なあの人に、たまには自分へのご褒美に。美しい本にさらに素敵なラッピングを施しました。素敵な読書体験をプレゼントしませんか。

※ギフト包装はイメージです。

______________________________________

 

「シャネル哲学を、つねに自分の中心に置く必要はない、と私は思う。
 ただ、心の、頭の、体の片隅の小さなジュエリーケースにそっとしまっておくと、思いがけないシーンで、それが鮮やかにあらわれることがある。それは、そのときどきで、勇気、叱咤、決断、激励、自己肯定といったさまざまな色彩をもつ。そして、いつだってなんらかのきっかけ、そう、一歩を踏み出す力を与えてくれる。」
(序章より)


 ガブリエル・シャネル。
 ココという愛称で知られるシャネル社の創業者であり、偉大なるファッション・デザイナー。
 孤児院から人生を始め、自力で「シャネル帝国」と呼ばれる一大ブランドを築きあげ、莫大な富と名声を手にしたシャネルは、驚嘆するほどのヴァイタイティで八十七歳まで生き抜きました。

 「私はモードではなくスタイルを作り出したのです」とシャネルは言いました。
 シャネルの人生を貫くキーワードとしては「ウエディングドレスを拒んだこと」、「怒り」「復讐」「自由」などいくつかあるけれど、もっとも重要なものとして「嫌悪」があります。

 シャネルのクリエイションの根本にあるものは嫌悪の精神。
 「嫌い」という心の叫びに忠実に生きることで、シャネルは世界的規模の「特別な人」に、時代を超越する「かけがえのない人」になったのです。 

 「ファッション革命」だけではなく「女の生き方革命」をも成しとげたシャネル。
 ゴージャスな恋愛、仕事への情熱、結婚への想いを「嫌悪の精神」に富んだ「シャネルの言葉」を織りこみながら、コンパクトかつ濃密に描き出した「ココ・シャネルという生き方」(2009年刊行)の再生版。
 出版以降に明らかになった「新事実」を加え、新たな装いで美しく蘇りました。
 
 人を嫌うのはいけないと思っている人、怒ることはマイナスだと思っている人、同性の友達が少ない人、経済的な自立を願う人、自分のために生きることが難しい人、そして、いったい自分はどんな人間でありたいか、そんなことを真剣に考えているすべての人に贈る、熱くてスパイシーな一冊。